まだいた夏鳥とシマエナガ

今日の札幌の天候は晴れ。さわやかな秋晴れでした。少し時期が早いかとも思いましたが、調整池からの脱却を図り、本日は隣町のN公園を目指しました。珍しく約3時間粘ったものの期待した冬鳥はカケスだけでしたが、冬羽のアオジやセンダイムシクイがまだ残っていました。春、枝先で盛んにさえずっていた姿とはうって変わり笹薮の中に潜んでおり、地鳴きが聞こえていました。その中にルリビタキも見つけたのですが、残念ながら写真を撮るには至りませんでした。がっかりしながらもシマエナガに癒され、森を後にしました。

シマエナガ
画像


シマエナガ②  正面の白だけだと雰囲気が変わります
画像


シマエナガ③  これは普通
画像


アオジ (雄)  笹薮に潜み、時々しか枝に止まってくれません
画像


アオジ (雌)
画像


センダイムシクイ   ボケボケですが、一瞬のチャンスでした
画像


カケス   2羽いましたが、はっきり確認できる場所に止まってくれません
画像


ハシブトカラ  まともな写真はこれだけ
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック