コチョウゲンボウの初見

札幌の天候は昼近くから晴れてきたものの、朝方は濃霧で気温も上がらず、天気予報は外れたのか?と思うような日でした。本日は、最近のお決まりのルートで、調整池と海岸を見てきました。調整池は、カモたちの数が増えコハクチョウが到来しており、見ている間にマガン2羽も飛来しました。ハヤブサが水面近くを飛ぶと、カモ達が一斉に移動する光景を見れましたが、濃霧の影響でシャッターを切るまでには至りませんでした。一方、海岸ではシギには一羽も出会いませんでしたが、コチョウゲンボウを見ることができました。まさかここで見るとは思いもしませんでしたが、通っていればこういう出会いもあるのかと思った鳥見でした。

コチョウゲンボウ
画像


コチョウゲンボウ②
画像


コチョウゲンボウ③
画像


コチョウゲンボウ④
画像


コチョウゲンボウ⑤ 上から
画像


コハクチョウ   シベリアのツンドラ地帯から来て、さらに南下するようです
画像


マガン     宮島沼では7万羽を超えたらしい
画像


ヘラサギとダイサギ    ヘラサギは3羽います
画像


ツルシギ
画像


オグロシギ
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

秋の夜長の平岸
2017年10月16日 21:29
コチョウゲンボウ、猛禽らしからぬ可愛さ!!!(*´꒳`*)
かもめ島
2017年10月17日 21:41
秋の夜長の平岸 様
漢字名 小長元坊  雄28cm・雌32cm
ハト大の小型のハヤブサ
小鳥類が主食。ネズミなども捕食 だそうです
目がクリッとしているけど、やっぱり猛禽でした

この記事へのトラックバック